赤ちゃん 肌荒れ  顔 クリーム

赤ちゃんの肌荒れから守るためには保湿することが大切です。

当サイトでは赤ちゃんの肌荒れについて詳しく紹介しています。

 

  • 赤ちゃんの肌荒れについて
  • 赤ちゃんの正しいスキンケア方法

 

など赤ちゃんの肌について知りたい方の参考になれば幸いです。

 

赤ちゃんの肌荒れの原因

赤ちゃんの肌荒れは見ているだけで可哀想でつらい気持ちになりますよね。

 

赤ちゃんの肌は大人の肌と比較すると、肌の厚みが少なくとても敏感なので、ちょっとした刺激や環境の変化でも肌荒れを引き起こしてしまします。

 

環境の影響

季節の変わり目、室内と室外の気温差などからも影響され肌荒れの原因となります。

 

腸内環境が悪い

腸内の細菌の働きが悪くなると体内に老廃物が溜まり肌荒れの原因となります。
便秘は腸内環境を悪くなるので便秘には気をつけましょう。

 

栄養のバランス

母乳の栄養バランスが悪いと肌荒れに繋がります。母乳の栄養がバランスが乱れないように母親の食生活にも気をつけましょう。

 

ホルモンバランスの変化

赤ちゃんは生後2〜3か月前後はホルモンバランスの変化が原因で皮脂の分泌が多いです。
このため、乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビになることが多いです。

 

ヨダレやミルクが口周りにつくと細菌が繁殖し乾燥や肌荒れが悪化することがあります。

 

乾燥が原因で肌荒れを起こしている

赤ちゃんの肌が乾燥すると言うと意外に感じる人もいるかもしれません。

 

しかし、赤ちゃんの肌荒れの原因のほとんどは実は、乾燥と言っても過言ではないかもしれません。

 

赤ちゃんの肌は、まだバリア機能などが未熟なうえ皮脂の分泌も大人と比べて少ないです。

 

ですから、ちょっとした刺激や乾燥に弱く肌荒れしやすいのです。

 

私たち大人でも、冬の時期などに乾燥すると肌荒れを起こすことがありますよね?赤ちゃんも同じです。

 

赤ちゃんの肌荒れは頬など顔にできやすい

生後間もない赤ちゃんの肌は、ちょっとした刺激や気温や湿度などの変化にもとても敏感です。

 

腕やお腹、股の付け根などにも肌荒れは起きやすいですが意外と多いのが、頬などの顔の肌荒れです。

 

乾燥も原因のひとつですが汚れや肌着の摩擦など肌荒れの原因となります。

 

特に、頬や首筋などは、よだれなどで汚れやすいですから、お風呂でよく洗ってあげましょう。

 

その際に、あまりゴシゴシ強く洗いすぎないようにしてくださいね。刺激も赤ちゃんの頬の肌荒れを悪化させてしまいます。

 

肌荒れの予防には保湿することが大事です!

赤ちゃんの肌は薄く環境の変化を受けやすいです。
また、水分量を肌の溜めておくことができないので乾燥しやすい状態です。

 

赤ちゃんの肌を守るためにも保湿することが1番重要なんです!!

保湿剤の選び方

保湿剤は、赤ちゃん専用の商品を塗るのが1番安心できます。

 

赤ちゃん専用の保湿剤の特徴は、、、

 

  • 無添加で低刺激
  • 使いやすい
  • 保湿時間が長い

 

などのメリットがあります。

 

ランキングを見てもらうとわかるんですが、最近の保湿剤はクリーム状の商品少ないです。
スプレー缶タイプかローションが多いですよ。

 

赤ちゃん専用の保湿剤をランキングにしました!!

ここまで、赤ちゃんの肌荒れの原因と保湿の重要性を簡単に紹介してきました。
湿剤の選び方を基準に人気の赤ちゃん専用の保湿剤をランキンでまとめました。

スプレー缶タイプで使いやすいファムズベビーの特徴

  • 3秒のケアで持続時間が8時間もつづく
  • 全身に使える
  • スプレータイプなので衛生面が安心
  • ムーズ状の泡で保護&保湿
  • 助産師や施設でも使われている

価格 2592円
評価 評価5
備考 2本以上で送料無料、まとめ注文でプレゼントあり
スプレー缶タイプで使いやすいファムズベビーの総評

ファムズベビーはスプレータイプの保湿剤でふわふわの濃密なムース状の泡で保湿します。

保湿するだけでなく成分が浸透し保護膜を作り肌荒れを予防する効果があります。

持続時間が8時間もあり洗い落ちの心配もないです。

スプレータイプだと衛生面を考えても安心できますし、容器の劣化の心配もないです。

公式サイトではお得な定期コースやまとめ購入があります。

無添加にこだわった潤静(うるおす)の特徴

  • 低刺激の高保湿ローション
  • 植物由来のエキスを使っているので0歳から使える
  • バリア機能を取り戻す超高分子PGSが配合
  • 乾燥から守る発酵プレセンタが含んでいる
  • 完全無添加のこわだわり
  • 国内工場で生産している

価格 5980円
評価 評価4
備考 初回限定で50%OFF、定期だと返金保証とサプリのプレゼント付き
無添加にこだわった潤静(うるおす)の総評

潤静は原料から製造まで国内で生産している低刺激の保湿ローションです。 潤静には超高分子PGAが含まれています。 この成分は、、、

  • 肌の水分蒸発を防ぐ
  • 肌のバリア機能をサポート
  • 肌の潤いを助ける
この3つの働きがあります。 また、添加物を使わず植物由来成分を98%以上にしています。
潤静は公式サイトで2990円OFFの返金保証付きで申し込むことができますよ

ミルキーベビーローションの特徴

  • 非加熱天然水の「天使の希水」を使っている
  • 美容成分のケイ素を配合
  • 潤いを逃さない馬油、シアバターが含まれている
  • 無添加のこだわり

価格 2800円
評価 評価3.5
備考 初回購入限定で送料無料、LINE@に登録で300円クーポン券がプレゼント
ミルキーベビーローションの総評

ミルキーベビーローションは楽天市場のリアルタイムランキングで何回も1位になった人気のベビーローションです。

原料にこだわりがあり、無添加なので安心して使えます。

潤い成分と保湿を保つ成分も含まれているので赤ちゃんの肌を乾燥から守ります。

ぬくもりミルクローションの特徴

  • 8種類の植物エキスが配合
  • 原料が99%の天然由来
  • 無添加なので新生児にも使える
  • さわやかなカモミールの香り

価格 4580円
評価 評価3
備考 定期だと初回が2980円で2回目以降が3480円
ぬくもりミルクローションの総評

ぬくもりミルクローションは天然植物エキスに整肌ビタミンを配合した保湿ローションです。

整肌ビタミンとは肌のビタミンと言われている葉酸やビオチンです、

保湿成分がたっぷり含まれていますが、サラッとした使い心地でベタつきがないのが特徴です。

アロベビー ミルクローションの特徴

  • マザーズセレクション大賞を受賞
  • 厳選された高保湿成分が配合
  • 99%以上が天然由来成分
  • エコサート認証取得

価格 2300円
評価 評価3
備考 定期だと初回が980円で2回目以降が2070円
アロベビー ミルクローションの総評

アロベビー ミルクローションはオーガニックにこだわった商品でエコサートの認証を取得しています。
エコサートとはフランスに本拠があるオーガニック認証団体です。

無添加にこだわっている商品はたくさんありますが、世界基準の認証を取得しているのは珍しいです。

定期だと初回が980円なので価格が安いのが魅力的でが5回以上の継続しないと解約できないので注意しましょう。

 

赤ちゃんのスキンケアにはファムズベビーがおすすめです。

ランキングでは赤ちゃんの肌荒れ対策の保湿剤を紹介しました。
このなかでも、当サイトは、、、

 

ファムズベビーを1番におすすめします!!

 

ファムズベビーの最大の魅力的なポイントは、スプレー缶タイプなことです。

 

スプレー缶タイプは、、、

 

  • 使いやすい
  • 衛生面で安心できる
  • 劣化する心配がない

 

など肌が敏感な赤ちゃんに使うからこそ安心と安全性を考えられた商品なんです。

 

販売価格も紹介した商品の中で1番安いですし、公式サイトではお得な定期コースやまとめ購入があります。

 

総合的に考えるとファムズベビーがナンバーワンの保湿剤といえるでしょう。

 

赤ちゃんが肌荒れしたら、病院は何科に行く?

赤ちゃんが肌荒れをした場合、あまりに気になる場合は、ぜひ病院に連れていってあげてください。

 

でも、何科にかかればよいのか?悩みますよね。
とりあえず、小児科か皮膚科がよいと思います.

 

皮膚科の場合なら、できれば小児皮膚科など小児を専門としている病気がおすすめです。

 

また、大きな総合病気ですと、待たされることもあります。

 

できれば、近くに一軒、かかりつけの小児科を見つけておくとよいと思います。

 

赤ちゃんの肌荒れ対策のまとめ

以上、赤ちゃんの肌荒れ対策について、考えてみました。

 

赤ちゃんの肌は、実は大人以上にデリケートなもの。

 

乾燥対策をきちんとし、こまめな入浴や保湿ケアで赤ちゃんのお肌を守ってあげてくださいね。

 

また、本当に心配な場合は、ぜひ、病院で診てもらってくださいね。

 

保湿剤(無添加のワセリン)は赤ちゃんの顔にも塗りましょう。

 

赤ちゃんのお肌がカサカサしていたり荒れていて気になることってありますよね。

 

そんな赤ちゃんの肌荒れには、保湿剤が有効です。

 

赤ちゃんの保湿剤は顔にも塗ってあげましょう

赤ちゃんの肌荒れは、乾燥しやすい冬だけでなく、夏にもよくできます。              
特に、顔は、意外と肌荒れが起きやすい部分です。

 

赤ちゃんの顔は、よだれなどで汚れやすくかぶれなどの原因になります。

 

お風呂でこまめに洗ってあげることはもちろんその後の保湿も大切です。

 

夏でもクーラーなどで意外と乾燥しますしお風呂上がりには保湿を忘れずしてあげてくださいね。

 

無添加の保湿剤を選びましょう

保湿剤を選ぶときには、気を付けたいポイントがいくつかあります。
そのひとつは、無添加の保湿剤を選ぶということです。

 

パラベンや界面活性剤などが入っていないものを選ぶのも大事なポイントです。

 

特に、アトピーなどの肌の弱い赤ちゃんは、無添加の肌に優しいものを使用することで、大きく改善する場合があります。

 

保湿剤の種類は、ワセリンなどがおすすめ

赤ちゃんのデリケートな肌におすすめなのが、ワセリンです。
ワセリンは、市販でも買うことができます。

 

普通の白色ワセリンでもよいですが、赤ちゃん用にベビーワセリンなどもあるようです。

 

どちらも低価格で手に入れることができますし、大人の肌荒れにも使えるので、ひとつ持っているととても便利です。

 

保湿剤は、病院でももらうことができます

赤ちゃんの保湿剤は、ワセリンのように市販で入手できるものもあります。

 

また病院でももらうことができます。

 

例えば、プロペトなどは、赤ちゃんの肌荒れで処方される代表的な保湿剤です。

 

プロペトは、白色ワセリンより不純物が少なく、低刺激です。
敏感な赤ちゃんの肌にも安心して使うことができます。

 

小児科でもらうことができ、価格も安いのでおすすです。

 

それでも治らない場合は、皮膚科に行きましょう

以上の保湿剤を試しても肌荒れが改善しない場合食物アレルギーなど、別の原因も考えられます。

 

その場合は、皮膚科に行ってみるのもいいと思います。
できれば、小児専門の皮膚科がよいでしょう。

 

皮膚科と小児科では、出される薬なども違うことが多いようです。

 

小児科で治らなかった場合も、皮膚科に行けばまた違う対処法が見つかるかもしれません。

 

まとめ

以上、赤ちゃんの肌荒れに使える保湿剤について考えてみました。

 

赤ちゃんの肌荒れには、顔など荒れやすい部分を中心に無添加で肌に優しい保湿剤を使ってみてください。

 

そして、もし治らない場合は、小児科や皮膚科に行ってみてくださいね。

 

上手な赤ちゃんの洗い方!!

肌荒れを予防するためには赤ちゃんの体を清潔にあることがとても大切です。
赤ちゃんは新陳代謝が盛んなため基本的には毎日、体を洗いましょう。

 

汗ばむ夏はもちろん、寒い冬でも1日1回は顔や体を丁寧に洗い清潔に保つことが重要です。

 

赤ちゃんの入浴のポイントは、、、

 

 

  • 必ず夜でなくてもいい
  • 短時間で素早く洗う

 

この2つです。

 

入浴は寝る前の夜になるイメージがありますが、赤ちゃんの場合は必ず夜でなくてもいいです。
赤ちゃんの入浴のタイミングは赤ちゃんの都合のいい時間帯が理想的です。

 

避けたほうがいいタイミングは、授乳後や眠いときです。
授乳直後に入浴をすると吐いたり眠いときはぐずりやすいので注意しましょう。

 

また、短時間で素早く洗うことも大切です。
なぜなら、時間をかけすぎるとのぼせるからです。

 

念入りに時間をかけて洗うと赤ちゃんがのぼせることもあるので、汚れが気になるところを素早く洗うようにしましょう。

 

タオルやおむつなどの着替えも入浴前に準備しておくといいでしょう。

 

すすぎが不十分だと肌荒れの原因となるのでしっかりすすぎ、タオルでふいたらベビーローションで保湿をしましょう。

 

首がすわらないことの入浴はとても大変です。首がすわらないときは片手しか使えないのでベビーバスや泡立てが必要なポンプ式のボディソープを使うといいでしょう。